債権回収の進め方

 

 

お金の貸し借りというものは社会では必ず起こり、とても大切なものです。お金を借りる側、債務者は必ず借りたお金を返さなければいけませんし、お金を貸す側、債権者は返済を請求する権利があります。そのため、もし、債務者が約束を破り、債務を返済しない場合は債権者は法にのっとり取り立てる必要があります。慰謝料 浮気
一般的には債務者が債務の返済をしない場合には、まずは内容証明書を債務者に送ります。これはどのようなお金を、どのような約束で借りたのかを証明するためのものです。内容証明書を送っても何の行動もないときは、支払督促や訴訟を起こすことになります。しかし、これは大きなリスクを伴うことがあります。例えば、裁判に持ち込んで裁判で勝ったとしても、債務者に返済能力がなければ意味がありません。むしろ、弁護士を雇い、かつ裁判で勝った場合は成功報酬を払う必要があるので債権者側には何の利益もありません。また、裁判というものは債権者との喧嘩が始まることを意味し、そのため債務者が返済しない方法を幾重にも考え、裁判は困難を極めてしまう場合があります。ですから、なるべくなら裁判にする前に、債務者に返済しなければならないと強く思わせるような内容証明書の作成などが重要となります。
このようにして、様々な事情に合わせて債権回収は進められます。

 

af9920061160l