動産強制執行の流れ

動産強制執行の流れですが、まずは強制競売の申立てをします。申立ては、当該の土地や建

 

物、または物権の所在地を管轄する地方裁判所に対して行います。

 

強制競売申告書の審査が完了し、問題ないと判断されれば裁判所が強制競売の開始を発

 

令します。これと同時に、法務局に対し差押登記を依頼します。

 

これによって対象となる土地や建物、物権の登記には強制競売開始決定を原因とする差押

 

登記が出現することになります。売却の準備として必要となる書類を用意します。

 

裁判所は執行官に対し強制競売の対象となる土地や建物、物権の現状を調査するよう命令

 

します。命じられた執行官は、対象物を現在誰の占有となっているのかなどを調べ、裁判所

 

に現況調査報告書として提出します。裁判所は鑑定士の中から評価人を選び、対象となる

 

土地や建物、物権の評価を命じます。

 

評価後に評価人は評価書を作成し、提出します。裁判所は提出された書類を参考にし、売却する際の基準額を決定し、物件明細書の作成も行います。これらの作業と同時に裁判所は、債権者に対する配当の準備も行っていきます。必要書類が揃うと売却を実施する旨を決定し、売却日時と場所の公告を行い、必要書類の開示をします。裁判所は落札者に、不許可となる事由に該当しないと認められた場合に売却許可の決定を発令し、落札者に代金の納付を求めます。裁判所は法務局に対して代金の納付後に差押登記や担保権の設定登記の抹消と、所有権移転登記を依頼します。裁判所は配当表を作成し、それに基づき配当を行っていきます。