金銭債権執行の流れ

 

 

金銭債権執行手続きとはお金を貸した人が、お金を返してくれない人に対して、裁判所に申し立てをして開始されることになります。
この民事執行手続きには、強制執行手続きと担保実行手続きがあります。
強制執行手続きとはお金を貸した人が裁判所に申し立てをして、勝訴判決を得た人が、お金を返してくれない人に対して返してくれるように強制して得る権利です。
申し立ては、目的不動産の管轄裁判所になります。
申し立てが適法と判断されますと、その目的物は差し押さえされます。
次に売却の為に、現況調査報告書・評価書・物件明細書の三点セットを作成し、売却の準備・売却・入札となり、最高価格で落札をされた価格で品物が引き渡されます。
引き続いて権利を有する人が住んでいる人がいる場合は引き渡しを請求できませんが、権利を有しない人が住んでいる場合は引き渡しを請求することが出来ます。
差し押さえ債権者や配当を請求をした人に、優先順位に従って、売却代金を配当します。

 
これに対して、担保権の実行手続きとは、抵当権などの担保権を有している時、これを実行

 

してお金を強制して返還してもらう事で、判決は不要で、担保権が登記されている登記簿謄

 

本が提出されれば手続きが開始されることになり、以下の手続きは同様です。