債権名義と取得の手続き

 

 

債権名義とは、債権を回収する権利があるということを裁判所などの公的機関が確認したことを証明する文書のことです。

 
債権名義にはさまざまな種類があり、代表的なものでは民事訴訟の判決や、和解や調停の調書などがあります。

 
取得するための手続きは債権名義の種類によってそれぞれ異なり、どの債権名義を取得すべきかは債務者の対応など状況によっても変わってきます。

 
債務者が債権の存在を認め、支払い自体には合意しているような場合には、裁判所で即決和解を行ったり、公証役場で公正証書を作成するなどして、債権名義を取得する方法があります。

 
こうして合意した旨を公に証明できるようにすることで、合意に強制力を持たせることができます。

 
債務者が支払いに合意していないものの、協議の余地があるような場合には、裁判所に調停を申し立てる方法があります。

 
協議の結果合意に至ると裁判所によって調停調書が作成され、これも債権名義の一つとなり、その内容は強制力を持つことになります。

 
債務者が債権の存在自体を認めていないような場合には、債権者は裁判所に支払督促を申し立てるか、訴訟を提起する必要があります。

 
この際の判決などが債権名義となり、債権が認められれば裁判所による強制執行などが行われることになります。