債権回収の為の司法手続き

 

債権の回収のために行うことができる司法手続きですが、債務者が任意の履行に応じない場合には、担保権の実行と強制執行によって債務の回収を行うことができます。

 

 

担保権の実行は、抵当権や質権等の担保権を根拠・基盤とし、目的となる財産を競売などを利用し強制的に換価することによって被担保権の満足を図ることを言います。

 

 

担保権を実行するには、担保権を所有していることを証明する文書を裁判所に提出することが必要です。

 

強制執行は、国家権力を利用することで債権の実現を行い、履行があったのと同等の状態することができる手続きになります。

 

これを行うためには、債務名義という文書を裁判所に提出する必要があります。債務名義は、執行によって実現させる権利の存在を確かめるための文書になります。

 

この文書の提出によって、権利の存在が確かなものになり、そこで初めて執行を開始することができます。

 

債務文書には、(即決)和解調書、公正証書、調停調書、少額訴訟判決、仮執行宣言付支払督促、判決など、複数の種類があります。

 

それぞれ、入手方法や利用状況が違いますので、状況に合った手続きを選択する必要があります。

 

手続きの選択を正しく行うことで、債務回収率を向上させることができます。