不動産強制執行の流れ

何らかの事情によって借りた金銭を返せなくなったり、支払い義務のある金銭を支払えない状態に陥ってしまうことがあります。しかし、返済義務のある金銭や支払い義務のある金銭はいかなる事情があったとしても、債権者の元へ返還されなければなりません。

 
仮にお金を借りた人が返済不能の状態に陥った場合、債権者はそのお金を取り戻すために法的な手段を取ることになります。このような手段のことを強制執行といいますが、この手段では不動産・動産・債券を差し押さえをすることができます。

 
強制執行を行うにはまず、お金を借りている人に対して借金に関する請求書や督促状を送り

 

返済を待ちます。しかし、請求書や督促状を送ったにもかかわらず返済や返済の意志がない

 

と判断できる場合には裁判を行うことになります。そして裁判によって争うことになりますが、債

 

権者が勝訴したにもかかわらず依然として返済が行われないとき、強制執行が行われること

 

になります。

 
強制執行では預貯金や給与の差し押さえが行われるケースが多いのですが、それが不可能

 

な場合には預貯金や給与以外の財産を差し押さえることになります。そして換金可能な物は

 

すべて換金され、債権者に渡ることになるのです。